講師との出会い

こんにちは、河野です。

関東地方の皆さん、17時過ぎに地震がありましたね。
会社にいるときに急に(あたりまえか)揺れたのでびびりました。
みなさん大丈夫でした?


さて、志縁塾では、9月19日からふらっと秋祭りを開催します。
そのチラシを見ていて、ふと、この講師とはいつ出会ったんだろう、と思い返していくと、当たり前ですがいろんな「出会い」があるんですね。

そこで、その講師陣との出会いを書こう! と思い立ちました。
読んでいただけると嬉しいです。

***

記念すべき第1回は、やはり、大谷さん。
「大谷由里子」との出会いがなければ、私は今ここにはいないのです。


◆大谷さんとの出会い

「大谷由里子」という名前と初めて出会ったのは、2004年1月のこと。
当時は、とある私立大学で事務職員をしていた私。部署が人事だったので、外部で行われるセミナーの情報が集まってくるところでした。

ある日、二人の先輩が
「私たちこのセミナーに行こうと思ってるんだけど、行く?」
と声をかけてくださいました。
休みの日だし、内容が業務と離れているから、行くのは自費だけど、と見せてもらったFAX。

そのセミナーの特別講演の講師が大谷さんでした。

当時の私は、仕事に疲れ、家と職場をただ往復するだけの毎日。休みの日はひどいときは夜まで寝ていて、電車で1時間の実家に帰りそびれたこともある始末。自分のことでいっぱいいっぱいで、後輩の面倒をみるとか、他部署の人の悩みを聞く、なんて余裕は全くない状態。

それでも、「やっぱりこのままじゃいけない!」と思って、新年早々自分の手帳に「まず、自分が元気になる」と書いてみたり。でも結局仕事に追われてきりきりしている自分を持て余していた時期でした。

そのセミナーをきっかけに変わろう!なんて熱い気持ちは全くなかったけれど^^;、いっちょかみの性格をしている私は、調子よく「行きます」と返事をしたのです。

当日。
正直、体がしんどくて行くのがイヤでした。それでギリギリまでだらだらしてたら、逆に「ちょっとしんどくて、、、行けません」と連絡するのがひんしゅくな時間になってしまったために出かけざるを得ない状況に。

そうして、やっと会場についた私は。出会ってしまったのです。

「大谷由里子」という人に。

投稿者 workstyle : 18:42 | コメント (0)
しつこく鈴虫

こんにちは、河野です。

セミナールームにこられた方から時々、「鈴虫は?」という質問をいただきます。
ブログを読んでくださっているんだー♪と嬉しくなります。
ありがとうございます。

気になっている方が他にもいるかもしれないので、鈴虫の続報を。


?さよなら鈴虫?(←これで内容わかりましたね^^;)

毎日毎日、鈴虫のきゅうりをチェックし、新たに死んだ鈴虫がいないかをドキドキしながら確認していたある日、大阪へ4日ほど出張に行くことになりました。
出張を終え、久しぶりに帰ってきた晴れた日のお昼。

荷物を置き、原さんと石井くんと話をして、鈴虫のカゴをチェックしたところ。。。


あ、、、、、、
3匹ほど残っていた鈴虫くんたちは、いっせいにお腹を上にしていました。

お腹出して寝たら冷えるで。。。なんてしょうむないボケが浮かぶ間もなく、「ががーん」と衝撃。

こうの「鈴虫、、、全部死んでますね^^;」
2人「ええー!!」

社内に衝撃が走りました。
成仏を祈りつつ石井くんに取り除いてもらって、鈴虫との生活は幕を閉じました。

でも土の中には卵がいっぱい。
無事に残暑と秋と冬を越してくれるといいな?。

投稿者 workstyle : 20:49 | コメント (0)
お盆休みいただいてました!

こんにちは、河野です。まだまだ暑いですがみなさまいかがお過ごしですか?
私は、お盆休みをいただいてましたー。

同じ時期に、白鳥光さんは、シアトルに行かれておりました。
レポートが届いたので、みなさまにお届けいたします!!

********
白鳥 光 の 喜怒哀楽
? 感情は感性を磨き 感性は幸福を招く ?

06年8月 シアトル紀行

1.怒りの搭乗編

アメリカ・シアトルに飛び立った。

企業研修をビジネスとするTPI(The Pacific Institute)の世界大会コンファレンス出席とスポーツ・メンタル・トレーニングの個人指導のためだ。

米国へのフライトといえば、私には強烈な思い出がある。
2001年9月、1週間でニューヨークとロンドンをまわるビジネストリップの期間に9・11NY同時テロが発生した。前日まで仕事をしていたワールド・トレード・センター(WTC)ビルは自爆テロ化した旅客機により崩壊した。

私がJFK空港に向かうためイエローキャブをその場で拾ったのは事件の2時間前のことだ。ロンドン行きのブリティシュ・エアー・ウェイ(BA)に乗り込み、ゆっくりと滑走を始めた時に機内アナウンスがあった。「この飛行機に爆弾が仕掛けられている可能性があるので引き返す」と。

機内は落ち着いていた。
空港内のBAラウンジではテレビニュースの映像が流れていた。ビルから煙が出ている映像だ。飛行機がビルに突っ込んだと説明している。私は個人用のセスナ機が誤ってビルに突っ込んだのだと思っていた。ジャンボ・ジェット機というのは、どう考えても考えられない。ひょっとするとこの映像自体が映画の作り物なのでは、と思っていた。
しばらくして、機関銃の安全装置をはずした機動隊がチームに分かれて空港内を疾走し始めた。

パニックが起きようとしていた。

周りの外国人が騒ぎはじめる。ラウンジには50人ほどの人がいたが、日本人は私一人だ。意味のわからないヒステリックな英語が部屋を包む。いったい何が起きたのか、これからどうなるのか、誰にもわからない。不安が不安を生む。自分の生命も危機にさらされている雰囲気は誰もが感じていた。遠く離れた日本航空(JAL)のカウンターでは、恐怖を感じた顧客の罵声と「わかりません」としか言わない従業員の間で一触即発の状態だった。

そんな時、救世主となる一人のリーダーが現れた。
ブリティシュ・エアー・ウェイ(BA)の責任者だ。黒を基調としたパイロットの制服をまばゆい金の刺繍が覆っている。40代後半のショーン・コネリーといったところだ。彼の態度と姿勢は自信にあふれ、非常に優しい声でゆっくりと状況を説明しだした。

飛行コントロールセンターのWTCが破壊されたので4日間は飛行機が飛ばない、と断言した。なぜ、そこまで言い切れるのか不思議だったが、実際に一番機がニューヨークを飛び立ったのは本当に4日後のことだ。そのあと、一人一人に今後の対応について回答した。家やホテルへの帰り方を指示する。ニューヨークに滞在場所がない者にはBAからホテルを提供するという。そして、希望する航空会社の飛行機が飛べるようになるまで、滞在費はBAで負担するというのである。

そのころには、パニックの空気は完全に消えていた。
誰もが落ち着き、お互いに助け合う姿勢が出来ていた。会話に加われなかった私に対しても、いろんな乗客たちがいろんなサポートをしてくれる。冷蔵庫からフルーツを持って来てくれたり、お酒や食べ物も持って来てくれる。一番ありがたかったのは、当時はまだ十分に普及していなかった携帯電話を貸してくれたことだ。危機の時に知人と連絡をとれることは、飲食と同じほどに重要なことだ。ストレスを解消し、あらたな行動をとる勇気を与えてくれるのである。ただ、このときは話をすることは出来なかった。通じないのである。電話の回線の問題もあったが、そのとき事務所のあったWTCビルは崩壊していたから。

あれから5年。私が海外に行くたびにアルカイダの武装集団は活動を起こすようだ。

今回は水にみせかけた爆弾によるテロ行動が未然に摘発された。これにより、液体は機内に一切持ち込めなくなった。ペットボトル、目薬、化粧品、歯磨きチューブ、すべて没収。女性にとっては大変な事態だ。空港内のセキュリティー・チェックを済ませ、飛行機に乗り込む前にお土産として免税店で買ったクリスチャン・ディオールの香水まで没収された人たちもいる。ビジネスマンもパソコンを持ち込むときは、電源を入れて起動するかどうかをチェックされる。起動したときに爆発する仕掛けパソコンがあるからだ。立ち上げた後電源を切るまで時間がかかるので、大きな迷惑だ。長蛇の列が出来上がる。

全員が左右の手の指紋を取られ、目の角膜の写真も取られてデータ化される。出国時にもやられるのだが、照合したときに自分の名前がモニターに表示されたのにはビックリした。名前は一度も入力していないのに、なぜわかるのか?パスポートから読み取ったのだろう。ボディ・チェックでは、ベルトをはずし、靴を脱がされ、裸足で歩かされるのである。飛行機に乗るためには、犯罪者扱いの待遇に耐え、疲労を倍加させる手続きの数々に我慢しなければならないのである。機材調整といえども4時間も出発を遅らせるな![安全]より「時間通り on Time 」を優先しろ!大阪のいらち体質を持つ私の叫びだ。 

怒りから始まった06年夏のシアトル紀行である。      

つづく
******
予告
2.歓喜のシアトル・マリナーズ編
3.感動のTPI物語
******
PCのチェックまでされるんだって?、社内でそんな話をしたら、「身軽が一番ってことやね」と大谷さん。シンプルな結論に思わずうなずく私でした。

◆白鳥さんの次回セミナーは、こちらです。

投稿者 workstyle : 19:53 | コメント (0)
エッセイ第2弾

これ、読んでみてください☆




しっかし、暑いですねぇ。

でも時々いるんですよね、「夏だから仕方ないじゃん」って言う人。
これってマジで会話にならない。

別にこっちだって、今が冬だと勘違いしているわけじゃないし、相手に何とかしてくれって頼んでるわけでもない。
仕方ないことは分かって言ってるのに、そう言われると会話がポッキリ折れてしまって、物言う気力がなくなってしまう。

とりあえず、「だよね、暑いよねぇ?」の“必殺オウム返し風バックトラッキング”で繋いでくれれば、もっと色んな話ができるのに、、、(-_-メ)。
もったいないなんて思ってしまう。

分かってて言ってることを、そのまま返されると、コミュニケーションって、やっぱポッキリストップしてしまうもののようだ。

ここで、関東に出て来てすぐの僕の失敗。

「最近さ、仕事の調子がいいんだよね」

話しかけてくれた関東の友人に、僕の一言。

「・・・その顔で?」
「顔は関係ないじゃん!」

怒らせてしまった。

僕だって、彼の仕事に顔が関係ないことくらい分かっている。
ただただ笑ってもらおうと思って言った一言で、大失敗。
関西ではおそらく7割以上の確率でセーフでも、関東では99%以上の確率でアウトの見本だ。

ここで「ツッコんでくれよ!」なんて言うのも無理な話で、相手の気分を損ねてしまえば、バックトラッキングも期待できない。
コミュニケーションはポッキリ折れてしまったけど、大切なことに気付いた。

確かに、お相撲さんと狭いエレベーターで2人きりになっても、「暑いですよねぇ」なんて話しかけないもんね。「悪かったな」なんて返ってきそうだし・・・。

じゃあ、この猛暑の中の最もポピュラーなご挨拶、「暑いですよねぇ・・・」にどう答えようか。

「だよね、暑いよねぇ・・・」は、合格点だけどひねりがなくって相手任せだ。

「暑いですよねぇ・・・」
「俺のハートが?」なんだかクサイし・・・。
「俺の胸板が?」それほどでもないし・・・。
「今年の夏が?」とぼけ過ぎだし・・・。

「暑いですよねぇ・・・」
「じゃあ、アイスクリームでも食べようか」
よしっ!2006年の夏はこれで決まりだ。

とりあえず、財布の小銭を確認してから出勤することにしよう。




作者の正体が知りたい方は、コチラ

個人的な感想をいうと、「たった1日で、人間はどんどん進化していくんだなぁ。」
昨日のブログと、↑「コチラ」をクリックした結果と、今日のブログを見ていただいた方は、何を言いたいかわかっていただける。。。かな。

ちなみに、このエッセイの誕生秘話は、大谷さんの「もっと漫才チックに」というひと言です☆

感想まってまーす!!

投稿者 workstyle : 20:45 | コメント (0)
だいえっと

こんにちは☆河野です。
金曜日から大阪にいて、今日の午前中に帰ってきました。
大阪での4日間、仕事であちこち歩き回っていたので、体力をつかったのですが、そのときひそかに期待していたのが、「脂肪燃焼」(笑)最近栄養を蓄えつつあるので^^;

荷物を持って、がんがん歩いて、汗かいて、これは結構効果的なダイエットになるかと思ったのですが、消耗した分、思いっきりご飯を食べるので、全く期待はずれの効果に終わってしまいました^^;

私と同じように、夏の暑さをダイエットに利用しようとして、どうやらこのままだと。。。という方(きっといらっしゃいますよね!)一緒にダイエット成功の秘訣を手に入れません?


志縁塾の成功請負人「白鳥 光」さんによる、ダイエットコーチングは、現在3期生が着々とプログラムを消化しています。
すでに終了した1・2期生の方の中には、マイナス2?4kgの成果があった方も。

8月21日は、その公開版と、3期生の成果発表を行います。
どんなことをするのか興味のある方、覗いてみてください♪

◆結果保証の1ヶ月ダイエットコーチング?公開版? 8月21日
http://www.shienjuku.com/event/archives/2006/08/post_78.html

投稿者 workstyle : 19:26 | コメント (0)
ちょっとbrake 鈴虫続報

こんにちは☆河野です。
たまには、Brakeを、と思って、鈴虫情報を。

先月会社にやって来た鈴虫が、卵を産みました!

発見したのは、メスが死んじゃってたからなんですが、その後の
「卵産んでる」
という声に、みんなどれどれ。。。と見てみると
ちょうどケースから見える土の中に、確かに白くて細長いものが。
でもあまりにちっちゃい(あたりまえですね)ので、言われなかったら
私はきっと卵だと気づかなかったですね。

命をかんじた出来事でした。


と、キレイにまとめたものの、実際、死んじゃったメスを取り出して「ほらほら」と見せられそうになった私は、「絶対持ってこんといて!!」と力の限り叫んでました^^;

投稿者 workstyle : 10:13 | コメント (0)
アキバ系

こんにちは☆河野です。

今日は、南順子さんの「広報戦略の立て方」でした。
セミナーの最初に、職業と、何を知りたいのか、ということを来られたお客さんひとりひとりに伺ったのですが、その中に

「30代現役アイドルをやってます。」という方が。

お客さんの間に、とまどいの空気と、あ、さっち?が来ている、という2種類の空気が走りました。

先日終了した「ふらっと祭り」で講演してくださった、荒井祥恵さんが、今日はお客さんとして来られていたのです。(荒井祥恵さんのプロフィールはこちら

荒井さんは、現役アイドルであり、シンガーソングライターであり、なんと、アキバ系アイドルプロデューサーでもあります。

先日の「アキバ系アイドルもやっている!ヒトの心のつかみ方」も知っているようで知らない「アキバ」の裏話をまじえ、とっても盛り上がりました。

そんな荒井祥恵さんが全面プロデュースする企画が、ついに登場します!

題して、「みんなで行こう! 大人の社会科見学」

普段なかなかひとりではいけない「アキバ」
セミナールームで荒井さんの話を聞いた後、みんなで繰り出します。
行き先は、王道の「メイドカフェ」に、私もとっても興味のある、「メイドビジュアル系居酒屋」(笑)

今日、セミナー後にお話しを聞いていると、すでに、メイドカフェにも、メイドビジュアル系居酒屋にも、ちゃんと「 アキバ系アイドル 」を仕込む手配が済んでいました!
普通に行っても雰囲気を味わって終わるのが関の山。
アキバ系アイドルを知り尽くしたさっち?と共に、旬の「アキバ」を体験してみませんか?

「みんなで行こう! 大人の社会科見学」 詳細はコチラ

ちなみに、大谷さん・島田さんは、めちゃめちゃ乗り気で、この日を首を長くして待ってます(笑)

投稿者 workstyle : 23:21 | コメント (0)