幸運な偶然とは。。

120yers.jpg

1.セレンディピティ
   思わぬ偶然から別の価値あるものを
  発見する力を意味し、「幸運な偶然をつかむ能力」ともいわれる。
  → 「掘り出し上手」と訳している方もいます。

「幸福な偶然」(セレンディピティ)をつかまえる(光文社)
日野原 重明 氏(著)


teikokhotel.jpg

2.バイキング
   今では当たり前となった「バイキング」という、ひとつの食事スタイル。
  実は、帝国ホテルのレストランにルーツがありました。

   1057(昭和32)年、当時の支配人 犬丸徹三氏はコペンハーゲンを訪れ、
  そこでスカンジナビアの伝統料理"スモーガスボード"に出会いました。

  もともと友人知人が食べ物を持ち寄って、賞味したことから始まり、
  魚介類や肉料理、燻製、酢漬けなどを豊富に用意し、好みの料理を
  自由に食べるものでした。

   魚介類をはじめ、日本人にもマッチする味覚、豪華なボリューム、
  好みのものを自由に食べるスタイルのユニークさ。
  「これはいける」と確信した犬丸氏は、ちょうどパリのホテルリッツで
  研修中だった村上信夫氏(後に第11代料理長)にこの研究を指示しました。

baikingu-1.jpg


   そして、翌年の8月1日、帝国ホテルに日本初のスモーガスボート専門
  レストランが誕生したそうです。 ネーミングは、帝国ホテルさんの社内
  公募の結果、当時公開中の映画にちなみ「インペリアルバイキング」と
  名づけられ、レストランは、連日満員の大人気となったと記されています。

  こうして「インペリアルバイキング」の"お好み・食べ放題"というスタイルが
  世の中に広まり、"バイキング"形式と呼ばれるようになったそうです。

   2008年には、誕生から50年たったことを記念し、8月1日を
  「バイキングの日」として制定されたそうです。(^^)


教訓(気づき)
動いてみる。 行動の延長線上に・・ある「セレンディピティ」。

投稿者 admin : 15:04 | コメント (0)