☆新喜劇発表会☆

こんにちは、河野です。

9月8日は、志縁塾が主宰するリーダーズカレッジの新喜劇発表会でした。

リーダーズカレッジ(通称:リーカレ)というのは、社会人向けの人材育成学校。
ゴールに旗を立てて、そこに至るプロセスで、人それぞれ、色んなことに気づいて、学んで、そして一緒にやってくれる仲間をつくっていく。そんなプロジェクト型の研修です。
(リーカレ資料請求はこちらから)

リーカレは、今年、大阪校・東京校・富山校と3校で40人あまりのメンバーが参加しています。
1年間のプログラムなのですが、前半のミッションは、みんなで新喜劇をつくる、というもの。
各校、10?14人でチームをつくり、5月からひたすら新喜劇の練習に取り組んできました。
このゴールが、毎年9月に行う、「新喜劇発表会」です。

今年も、4月から、リーカレ各校を大谷さんと一緒に、時には一人で回り、色んな人のいろんな想いを見つめてきました。


仲間とのコミュニケーションがうまくいかなくて悩んだり
メンバーがなかなか揃わなくて練習ができなかったり
テンションがばらばらで練習中に意見が食い違ったり

私ひとりができることは限られているし、何より大切なのは、
「自分たちで解決しようとする」ことだから、
手を出し過ぎないようにじっと見つめてきた半年間。


その集大成が8日でした。


とにかく、出演する現役生、ボランティアで手伝ってくれるOBが、笑顔で閉会式を迎えられるように、それだけを願っていました。

午前中のリハーサルから、本番までの短い間にも、練習して、改良して、最後まであきらめない出演メンバーたち。
その成果は、「本番の出来が今までで最高」という形で現れました。

半年前には想像もつかなかったそれぞれの成長ぶりに、人の可能性ってなんて素晴らしいんだろうと、とっても感激。


そして、毎年セットを、京都の京北から運んで、組み立ててくださる京北リーカレOBが中心になったペルトンメンバー。
至らない私を、文句も言わずにフォローして裏方スタッフをやりきってくださるOBの方々。
いつも見守ってくれている大谷さんと島田さん。

ひとりでできないことも、たくさんのあったかい気持ちと力が集まったら、大きなパワーになることをほんとに実感して、またまた感激。

思えば私が今、志縁塾で働いているのも、3年前に、このリーダーズカレッジ大阪校に入学したことがきっかけでした。
そのときから、リーカレが大好きで、リーカレで知り合う人たちが大好きで、今、こうやってそのリーカレに関わっていられることが何より幸せです。

懇親会でも、大阪校のメンバーが司会や受付を快く引き受けてくれて、しかも「祝 リーカレ10周年!!」というまきものまでつくってくれて、みんなの笑顔をみていたら、思わず感激してうるうるきてしまいました。

出演メンバー、スタッフ、観に来てくださった方、遠くから応援してくださった方、全ての方に心から。

「ありがとう」の気持ちを。

リーダーズカレッジ2008の資料請求はこちらから

投稿者 workstyle : 09:17 | コメント (0)